女性ホルモン剤の代わりになる食べ物とは?

ホルモン補充療法(HRT)は受けられないという体質の女性もいます。そんな女性には、体内で女性ホルモンと同じような働きをしてくれる大豆イソフラボンを豊富に含む食べ物を摂取するのがおすすめです。それによって、更年期障害の症状が自然とやわらいでくることがあります。

<大豆イソフラボンが豊富に含まれる食品とは?>

実は、昔から日本に伝わる納豆や豆腐、味噌などの食べ物には、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンが多く含まれていることが分かっています。そのため、更年期障害の症状を抑えてくれたり、動脈硬化や骨粗しょう症などの病気を予防してくれる働きがあります。食べれば、自然と女性ホルモンのパワーをアップさせてくれるでしょう。
山いもや里いもなども、積極的に食べることで女性ホルモンの分泌を促す効果があるようです。

<発酵食品も女性ホルモンの力をアップさせる>

ぬか漬けやキムチなどの漬け物も、積極的に食べるとよい食べ物です。納豆もそうなのですが、発酵食品も食べれば女性ホルモンのパワーをアップさせてくれる働きがあります。特に、腸内をキレイにしてくれますから、免疫力なども自然と高まります。
女性の健康は、子宮や腎臓、膀胱などの腰部にある内臓が健やかになることで実現されやすいといわれます。よく発酵食品を食べることにより、女性ホルモンのパワーが自然とアップしていき、女性の体全体が元気になるという素晴らしい循環が起こってくるでしょう。
大豆から作られる食べ物をとにかくよく摂るようにしましょう。それによって、更年期障害の症状があまり感じられなくなります。大豆イソフラボンは、美容効果やバストアップ効果も見られるといわれる栄養成分です。積極的に摂取することで、美しく嫌な症状の少ない毎日がきっと送れるようになってくるでしょう。

低用量ピルも実は女性ホルモン剤である

避妊薬として有名な低用量ピルという錠剤があります。実は、これも女性ホルモンを含む薬の一つです。優秀な避妊薬であるだけでなく、肌荒れを改善するなどの嬉しい効果も持つのが大きなメリットです。ここでは、そんな低用量ピルについてお伝えしましょう。

<若い女性ならHRT治療よりも低用量ピルを使うのがおすすめ>

低用量ピルと呼ばれる避妊薬がありますが、これも女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲストロンを含むという特徴があります。更年期障害のさまざまな症状を抑える効果もありますので、あなたが40歳〜45歳ぐらいの年齢ならぜひ服用してみましょう。
低用量ピルには、女性ホルモンのバランスを自然と整えてくれる効果があります。そのうえ、安全度がとても高いので副作用を心配する必要もありません。ただし、半年に一回は血液検査などをして体の様子を確かめながら服用するのがおすすめです。

<低用量ピルの持つ素晴らしい効果とは?>

女性ホルモンを含むため、肌荒れやにきびが改善したり、貧血などの症状がある場合もその症状を改善してくれます。生理のサイクルに乱れが見られなくなったり、出血量が少なくなるという効果も出てくるでしょう。なかには、避妊を促す効果もありますから、若い女性が飲むのに最適です。
価格の相場も、一ヶ月におよそ3千円ですから、金額的にもあまり負担はないでしょう。ただし、妊娠や出産をこれからしたいと考えている女性には、低用量ピルはおすすめできません。この薬を飲めば、排卵などが一時的にストップしてしまう可能性があるからです。
ホルモン補充療法(HRT)は、早くても45歳以上の年配の女性におすすめです。もっと若い女性なら、低用量ピルを服用する方が避妊も兼ねて更年期障害の症状をやわらげることができるでしょう。実際のところ、低用量ピルは婦人科系のさまざまな病気の治療に効果を発揮してくれます。

ホルモン補充療法(HRT)にはどのようなリスクがあるの?

ホルモン補充療法(HRT)は、更年期障害の症状を抑えてくれる画期的な治療方法です。しかしそれによって、さまざまなリスクが出てくることもあるのを最初に知っておきましょう。ここでは、出やすいとされる主なリスクについてお伝えします。

<不正な出血が起こることがある>

女性ホルモンを補うことにより、生理と同じメカニズムで出血が起こることがあります。しかし、出血しても体に悪い影響はありません。少し体が若返ったのだと考えていればいいでしょう。

<乳房や下腹部が痛むことがある>

ほんの少しだけですが、乳房が張る感じがすることがあります。また、少し下腹部が痛むこともありますが、薬の量などを変えることで不快な症状を抑えることが可能です。

<子宮がんや乳がんになるリスクが高まる!?>

ホルモン補充療法(HRT)では、エストロゲンだけを長い間投与すると、子宮体がんになるリスクが高まるとされています。そのため、一般的にはプロゲステロンも同時に補うことが多いようです。子宮がんが発生するリスクは、二つの女性ホルモンを併用して取り入れることにより、極度に下がるというデータがあります。
過去には、ホルモン補充療法(HRT)を行うことにより、乳がんを発症するリスクが高まるといわれたこともありました。しかし現在では、女性ホルモン剤の投与によって乳がんを発症するリスクは低いとされています。ただし、家族が乳がんにかかったことがある人や初めて子供を産む経験をした年齢が35歳以上である人は、乳がんになるリスクが高まる可能性もあるようです。
女性の体はデリケートですから、女性ホルモン剤の投与によってさまざまな変化が起こることがあります。しかし更年期障害の症状にずっと悩まされ続けているなら、やはりホルモン補充療法(HRT)も視野に入れてみるのがおすすめです。医師とよく相談しながらのHRT治療であれば、良い結果をもたらすことが多いでしょう。

ホルモン補充療法(HRT)とは?

ホルモン補充療法(HRT)とは、一体どのような治療方法でしょうか?健康を考えながら治療を続けるためには、さまざまな体の検査も必要となってきます。そのため、更年期障害の症状を抑えられるだけでなく、健康管理も同時にできるメリットを持つ治療方法です。

<ホルモン補充療法(HRT)とは?>

エストロゲンという女性ホルモンは、更年期を迎えれば激しく減少してきます。そのため、ホルモン補充療法(HRT)と呼ばれる女性ホルモンを含む薬を使うことでエストロゲンやプロゲステロンを補う治療方法があります。
HRT治療によってホルモン剤を投与すれば、ベネフィットと呼ばれる良い作用が多く出てきます。しかし逆にリスクと呼ばれる良くない作用も出てくることを知っておきましょう。実は、なるべくリスクを少なくしてベネフィットを増やすために、ホルモン剤を投与する最小有効量を調べる必要があります。それぞれの人によって最適な量が違ってきますので、まず婦人科の医師などに相談して、自分の体に対する女性ホルモン剤の最小有効量について調べてもらいましょう。

<HRT治療の継続期間や定期検診について>

更年期障害の症状を抑えるだけが目的であるなら、45歳〜55歳ぐらいの間だけHRT治療を続けることもできます。また、HRT治療を始める前には、血液検査や子宮がん・乳がんなどの検診を行う病院が多いでしょう。
さらに、肝機能や乳房に関連する定期検診を行ったり、骨粗しょう症などの検査も行われる場合が多いようです。太った体型をしている女性は、血栓の様子などについてもいろいろと調べられることがあります。
ホルモン補充療法(HRT)を施してもらうことで、気になっていた症状は次第に改善してくるでしょう。夜はよく眠れるようになったり、精神的に不安定だったのが良くなる場合もあります。なかにはリスクもあるかもしれませんが、ベネフィットも多く出てくるはずです。

ホルモン補充療法(HRT)が受けられない人とは?

更年期障害の症状は、なった人にしか分からないつらさがあります。しかしホルモン補充療法(HRT)を受けたいと思っても、健康的な体を持たない場合は医師の許可が出ないかもしれません。もし、あなたがHRT治療を受けたいなら、以下の条件に当てはまっていないかをチェックしてみましょう。

<ホルモン補充療法(HRT)を慎重に行う必要がある人とは?>

たとえば、肥満の人や卵巣がん、子宮内膜がんになった経験がある人などは、検査を受けながら慎重にHRT治療を受ける必要があります。子宮筋腫ができている人も、HRT治療を行うとそれが肥大化することがありますので注意が必要です。
狭心症や血栓症などの病気を持っている人も、よく注意しながらHRT治療を行わなくてはなりません。重度の糖尿病や高血圧症であると医師から診断されたような人も同様です。多くの場合、医師の指示を仰ぎながらホルモン剤の投与量などを工夫して治療を続けていくことになります。その他にも、ホルモン補充療法(HRT)を受ける場合に注意するべき病気や症状がありますので、婦人科の医師によく相談してみましょう。

<HRT治療を受けられない人について>

妊娠中の可能性がある場合は、HRT治療を受けることはできません。その他にも、乳がんや子宮体がんの治療をしていたり、過去にそうした病気を経験している人はHRT治療を受けない方がいいと医師から言われることがあります。その他にも、重度の肝機能障害を持っていたり、心筋梗塞になったことがある人、動脈硬化の症状が出たことがある人などもHRT治療は受けられないようです。
原因が分からない不正性器出血の症状が出ている人の場合も同様です。HRT治療を受けたいと思っても、健康的な体を持っていないのであれば、医師からストップがかかることもあります。
ホルモン補充療法(HRT)は、更年期障害の症状を抑える素晴らしい力があります。しかし体の状態がよくない場合には、受けられないことも多いでしょう。多くの場合、HRT治療を希望すれば、どの病院でもさまざまな検査を受けることになります。