更年期障害に効くホルモン剤

更年期障害に悩んでいる女性はたくさんいます。ホルモン剤の投与によって治療を行うこともあります。 - ホルモン補充療法(HRT)とは?

ホルモン補充療法(HRT)とは?

ホルモン補充療法(HRT)とは、一体どのような治療方法でしょうか?健康を考えながら治療を続けるためには、さまざまな体の検査も必要となってきます。そのため、更年期障害の症状を抑えられるだけでなく、健康管理も同時にできるメリットを持つ治療方法です。

<ホルモン補充療法(HRT)とは?>

エストロゲンという女性ホルモンは、更年期を迎えれば激しく減少してきます。そのため、ホルモン補充療法(HRT)と呼ばれる女性ホルモンを含む薬を使うことでエストロゲンやプロゲステロンを補う治療方法があります。
HRT治療によってホルモン剤を投与すれば、ベネフィットと呼ばれる良い作用が多く出てきます。しかし逆にリスクと呼ばれる良くない作用も出てくることを知っておきましょう。実は、なるべくリスクを少なくしてベネフィットを増やすために、ホルモン剤を投与する最小有効量を調べる必要があります。それぞれの人によって最適な量が違ってきますので、まず婦人科の医師などに相談して、自分の体に対する女性ホルモン剤の最小有効量について調べてもらいましょう。

<HRT治療の継続期間や定期検診について>

更年期障害の症状を抑えるだけが目的であるなら、45歳〜55歳ぐらいの間だけHRT治療を続けることもできます。また、HRT治療を始める前には、血液検査や子宮がん・乳がんなどの検診を行う病院が多いでしょう。
さらに、肝機能や乳房に関連する定期検診を行ったり、骨粗しょう症などの検査も行われる場合が多いようです。太った体型をしている女性は、血栓の様子などについてもいろいろと調べられることがあります。
ホルモン補充療法(HRT)を施してもらうことで、気になっていた症状は次第に改善してくるでしょう。夜はよく眠れるようになったり、精神的に不安定だったのが良くなる場合もあります。なかにはリスクもあるかもしれませんが、ベネフィットも多く出てくるはずです。

関連する記事

ページ上に戻る