更年期障害に効くホルモン剤

更年期障害に悩んでいる女性はたくさんいます。ホルモン剤の投与によって治療を行うこともあります。 - ホルモン補充療法(HRT)が受けられない人とは?

ホルモン補充療法(HRT)が受けられない人とは?

更年期障害の症状は、なった人にしか分からないつらさがあります。しかしホルモン補充療法(HRT)を受けたいと思っても、健康的な体を持たない場合は医師の許可が出ないかもしれません。もし、あなたがHRT治療を受けたいなら、以下の条件に当てはまっていないかをチェックしてみましょう。

<ホルモン補充療法(HRT)を慎重に行う必要がある人とは?>

たとえば、肥満の人や卵巣がん、子宮内膜がんになった経験がある人などは、検査を受けながら慎重にHRT治療を受ける必要があります。子宮筋腫ができている人も、HRT治療を行うとそれが肥大化することがありますので注意が必要です。
狭心症や血栓症などの病気を持っている人も、よく注意しながらHRT治療を行わなくてはなりません。重度の糖尿病や高血圧症であると医師から診断されたような人も同様です。多くの場合、医師の指示を仰ぎながらホルモン剤の投与量などを工夫して治療を続けていくことになります。その他にも、ホルモン補充療法(HRT)を受ける場合に注意するべき病気や症状がありますので、婦人科の医師によく相談してみましょう。

<HRT治療を受けられない人について>

妊娠中の可能性がある場合は、HRT治療を受けることはできません。その他にも、乳がんや子宮体がんの治療をしていたり、過去にそうした病気を経験している人はHRT治療を受けない方がいいと医師から言われることがあります。その他にも、重度の肝機能障害を持っていたり、心筋梗塞になったことがある人、動脈硬化の症状が出たことがある人などもHRT治療は受けられないようです。
原因が分からない不正性器出血の症状が出ている人の場合も同様です。HRT治療を受けたいと思っても、健康的な体を持っていないのであれば、医師からストップがかかることもあります。
ホルモン補充療法(HRT)は、更年期障害の症状を抑える素晴らしい力があります。しかし体の状態がよくない場合には、受けられないことも多いでしょう。多くの場合、HRT治療を希望すれば、どの病院でもさまざまな検査を受けることになります。

関連する記事

ページ上に戻る