更年期障害に効くホルモン剤

更年期障害に悩んでいる女性はたくさんいます。ホルモン剤の投与によって治療を行うこともあります。 - 女性ホルモン剤の代わりになる食べ物とは?

女性ホルモン剤の代わりになる食べ物とは?

ホルモン補充療法(HRT)は受けられないという体質の女性もいます。そんな女性には、体内で女性ホルモンと同じような働きをしてくれる大豆イソフラボンを豊富に含む食べ物を摂取するのがおすすめです。それによって、更年期障害の症状が自然とやわらいでくることがあります。

<大豆イソフラボンが豊富に含まれる食品とは?>

実は、昔から日本に伝わる納豆や豆腐、味噌などの食べ物には、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンが多く含まれていることが分かっています。そのため、更年期障害の症状を抑えてくれたり、動脈硬化や骨粗しょう症などの病気を予防してくれる働きがあります。食べれば、自然と女性ホルモンのパワーをアップさせてくれるでしょう。
山いもや里いもなども、積極的に食べることで女性ホルモンの分泌を促す効果があるようです。

<発酵食品も女性ホルモンの力をアップさせる>

ぬか漬けやキムチなどの漬け物も、積極的に食べるとよい食べ物です。納豆もそうなのですが、発酵食品も食べれば女性ホルモンのパワーをアップさせてくれる働きがあります。特に、腸内をキレイにしてくれますから、免疫力なども自然と高まります。
女性の健康は、子宮や腎臓、膀胱などの腰部にある内臓が健やかになることで実現されやすいといわれます。よく発酵食品を食べることにより、女性ホルモンのパワーが自然とアップしていき、女性の体全体が元気になるという素晴らしい循環が起こってくるでしょう。
大豆から作られる食べ物をとにかくよく摂るようにしましょう。それによって、更年期障害の症状があまり感じられなくなります。大豆イソフラボンは、美容効果やバストアップ効果も見られるといわれる栄養成分です。積極的に摂取することで、美しく嫌な症状の少ない毎日がきっと送れるようになってくるでしょう。

関連する記事

ページ上に戻る