更年期障害に効くホルモン剤

更年期障害に悩んでいる女性はたくさんいます。ホルモン剤の投与によって治療を行うこともあります。 - 低用量ピルも実は女性ホルモン剤である

低用量ピルも実は女性ホルモン剤である

避妊薬として有名な低用量ピルという錠剤があります。実は、これも女性ホルモンを含む薬の一つです。優秀な避妊薬であるだけでなく、肌荒れを改善するなどの嬉しい効果も持つのが大きなメリットです。ここでは、そんな低用量ピルについてお伝えしましょう。

<若い女性ならHRT治療よりも低用量ピルを使うのがおすすめ>

低用量ピルと呼ばれる避妊薬がありますが、これも女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲストロンを含むという特徴があります。更年期障害のさまざまな症状を抑える効果もありますので、あなたが40歳〜45歳ぐらいの年齢ならぜひ服用してみましょう。
低用量ピルには、女性ホルモンのバランスを自然と整えてくれる効果があります。そのうえ、安全度がとても高いので副作用を心配する必要もありません。ただし、半年に一回は血液検査などをして体の様子を確かめながら服用するのがおすすめです。

<低用量ピルの持つ素晴らしい効果とは?>

女性ホルモンを含むため、肌荒れやにきびが改善したり、貧血などの症状がある場合もその症状を改善してくれます。生理のサイクルに乱れが見られなくなったり、出血量が少なくなるという効果も出てくるでしょう。なかには、避妊を促す効果もありますから、若い女性が飲むのに最適です。
価格の相場も、一ヶ月におよそ3千円ですから、金額的にもあまり負担はないでしょう。ただし、妊娠や出産をこれからしたいと考えている女性には、低用量ピルはおすすめできません。この薬を飲めば、排卵などが一時的にストップしてしまう可能性があるからです。
ホルモン補充療法(HRT)は、早くても45歳以上の年配の女性におすすめです。もっと若い女性なら、低用量ピルを服用する方が避妊も兼ねて更年期障害の症状をやわらげることができるでしょう。実際のところ、低用量ピルは婦人科系のさまざまな病気の治療に効果を発揮してくれます。

関連する記事

ページ上に戻る